【動画版】喫茶赤い手15 姪っ子のアイスクリーム

Youtube
トワおばさんの姪なんです…

前回のポッドキャストでは、
お聞き辛いガラガラ声で大変失礼いたしました。。💦
しっかり養生して、
次の動画をそろそろ作成せねばと、挑戦してみても、
ちょっと気を抜くとすぐに声が枯れてしまう状態で、
なんとか録音できるまでに、一ヶ月ほどかかってしまいました。
しかも、今回の動画は、無理やりの若ごしらえ、😅
姪っ子の女子大生という難役…、、、
いろいろと大目に見てくださると嬉しいです😆

トワおばさんの不在中、店番をしていた姪っ子が、
常連客の接客をしています。
前回の 『クリームソーダと森鴎外』からの続きのようになっています。
ぜひご覧ください。

【動画版】喫茶赤い手14 クリームソーダと森鴎外
喫茶店の定番メニュー、クリームソーダの発祥や明治の文豪森鴎外も大好きだったというお話のボイスドラマをご紹介しています。

なぜ姪っ子登場?

さて、どうして、いきなり姪っ子が登場することになったのか、
疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれないので、
ここで、その経緯を記載しておくと、、、

このボイスドラマ『喫茶赤い手』は、
以前私が担当していたコミュニティFM局での、
3時間の生放送番組の中の小さなコーナーとして放送していたものです。
そんなお話はこれまでにも何度かしていますし、
詳細はこのブログのヘッダーにある固定ページ、
【喫茶赤い手とは?】 をご覧ください。
https://www.voicepantry.com/how-akaite

毎週火曜日の夕方に放送していた番組だったのですが、
当時、私の夫が入院して手術をすることになり、
どうしても、その日の生放送をお休みしなくてはならなくなりました。
そこで、別の若いパーソナリティーさんに代役をお願いすることになったのですが、
『喫茶赤い手』のマダム役をやるには年齢的に無理があったので、
急遽、その方の年齢に合う、
マダムの姪という設定で台本を作り直したのです。
完成した台本を、事前に渡しておき、
当日、代役の方にその台本を読んでもらい放送した、という訳なのです。
ですから、この台本はその年齢の方が読む前提で作られたもので、
まさか、数年後に私が自分でやるとは思ってもみないことでした💦
なにごとも、いくつになっても、
楽しみながら経験を積んでいきます😆
とまぁ、こんないきさつなのでした。
(おかげさまで、夫の手術は無事成功し、
今も元気に過ごしています👨)